黒胡椒は、Oriental Bellydancer Cecilia を応援しています。皆さん遊びに来てくださいネ お父さんの(ほぼ)週刊第2ブログ/よろしかったら遊びに来てくださいネ🍺 男の腕まくり料理教室休刊中

2017年06月18日

最終号 ペッちゃんサヨナラ♯1

6月7日未明、ペッパーが天国へ旅立ちました。

前日に3日間の手術入院から退院し、これからみんなで看病していこうと話してた矢先のことで朝、お母さんお姉ちゃんは号泣!

まだ温ったかかった、穏やかな表情で。手術の疲れ、ショック、家に帰った安堵、なんだろうか・・

実はペッパーは4月下旬に左臀部のアポクリン腺癌とその転移が発覚、お医者さんから、年は越せないかもとのいきなりの宣告。呆然、唖然。

これがペッちゃん生前の最期の写真、6月6日午後10時5分。
この5分前にお母さんと並んでいたけど、また明日にでも撮ろうと・・アー、もう撮れない。
CIMG7171.JPG

あと5年間は生きて先代のサクラさんと同じ年齢にはなってほしいと、お父さん&お母さんはその老老介護を不安と楽しみで迎える心づもりをしていた。

ペッパーは8年前にお姉ちゃんが学生時代にアルバイトの帰途に出会ったご縁でウチに来た。
この秋お姉ちゃんは結婚するから、ペッパーはお姉ちゃんが連れて来てお姉ちゃんとともにウチを去って行くのかも、お姉ちゃんと過ごす役目は終わったと・・などとお父さん&お母さんは振り返ったりしてた。それは悲しい冗談だったんだけど・・ホントに去ってしまった、我が家を癒して救って・・

今回、癌に効くというストロングマヌカハニー2年間分も購入、楽天で療養食ヒルズi/dも注文したのに(6月7日夜届いた・・)。

手術はしない、する、しない、する、と迷い、結局セカンドオピニオンを求めた設備のいい病院で手術を受けたのだけど、ペッパーにはそれを選択することも拒否もできないから、親の責任であり、早期発見もしてやれなかった、帰宅した夜に添い寝をしてやっていたら・・などと後悔は絶えない。

ゴミ箱をひっくり返すので外出時は壁に向けてゴミ箱を置かなければならなかった、鼻で開けて勝手に入るので和室のふすまは完璧に閉めなければならなかった、テーブル横に黙って座り見つめ続けるので毎回片手でジャーキーをあげつつ食事をしなければならなかった、等々のペッパーだったけど、もっと迷惑をかけてほしかった。

そして6月8日、先代のサクラさんの眠る宝塚動物霊園へペッパーも埋葬。

おばあちゃんはこの日、ペッちゃんがウチを出る前、般若心経を3回唱えてくれた。
CIMG7178.JPG
CIMG7173.JPG
CIMG7175.JPG

サクラさんの遺骨が入っているお姉ちゃんのロケットにペッパーの小さなシッポの骨と歯も入れた。
CIMG7181.JPG
ペッパー、これからはサクラさんのように、お姉ちゃんにイッパイ旅行に連れて行ってもらいなさい。

ペッパー、8年間ありがとう!いずれお父さん&お母さんもそっちに行く。サクラさんペッパーと毎朝毎晩散歩しよう。

この「黒胡椒」のスタートは8年前の2009年6月末。
ペッパー、お前かお父さんがクタバルまで毎日書くゾと始めたペッパーの記録だったけど、こんな形で終わらざるを得なくなるとは思ってもみなかった。心の準備ができていたらペッパー誕生の日からの総集編でも作成したかもわからないけど、お父さん&お母さんはまだとても心と頭が整理できていなく、ボンヤリしています。
ワンコ仲間に会うのも辛く、公園にも行けずここで挨拶させていただきます。ワンコ仲間たち、ありがとうございました、サヨウナラ。

また「黒胡椒」を8年間ご愛読していただいた皆様ありがとうございました。ワンコ友達、飼い主の皆様、お元気でお過ごしください、さようなら。

このブログ「黒胡椒」は6月末日で削除します。






posted by ペッパーパパ at 08:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 ぺっちゃん・・まさかで びっくりしました。
ブログが更新されていないので 
お家でゆっくりされているのだろう。。って思っていました。

とても辛く悲しいお別れですね。。
お姉さんとぺっちゃんの事もよんで 涙がでてきます。
お姉さんとぺっちゃんのお写真も
素敵ですね。

ぺっちゃんは みなさんに愛されて
大切にされて幸せに過ごしてきましたよね。
いつもの穏やかで優しいお顔から
伝わってきます。。

ぺっちゃん。お空にはサクラさんがいるのですね。
きっと仲良く みなさんを見守ってくれていますね。

パパさん ブログT削除せずに・・・・
ぺっちゃんとの大切な日記ですし・・・
Posted by りんご at 2017年06月18日 08:21
こんにちは

ほんとうに突然の病気発覚と手術後に他界されて、ご家族の心中を察すると言葉も見つかりませんm(__)m

ペッパー君と過ごした素敵な想い出は、これからもご家族を癒してくれると思います。

お辛いときと思いますが、お身体をご自愛くださいませ。

ぺっちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

べっちゃん安らかに、そしてお空からご家族を見守ってね。

合掌

Posted by アンディパパ at 2017年06月18日 09:16
ペッパー君の突然のお別れ、心よりお悔み申し上げます。
私達の事は一度だけ淡路島SAでお会いしたきりなので、もう覚えておられないと思います。
何年も前小豆島へのたびの途中たまたま淡路SAのドッグランでお会いしてうちのハナは会ったばかりのペッパー君と夢中で走り回ってました。その時の写真をブログに載せていただき楽しい思い出となりました。
主人はPCで毎日のようにブログを拝見して時折私に内容を話してくれたり写真を見せてくれたりしていました。
まさかハナより一才年上なだけのペッパー君がこんなに早く虹の向こうに行ってしまうとは思いもしませんでした。
実はハナも5歳になった頃から咳込むようになりレントゲンを撮ってみたら気管がへしやげている気管虚脱と診断され、さらに最近呼吸困難のような息遣いをするようになり
今度はラブラドールに多い口頭麻痺と言われました。
どちらも年齢と共に悪化する完治しない厄介な病気のようですが、今は薬とストレスない静かな生活とダイエットで
普通には暮らせています。
でもそう遠くない将来、ハナも私達の手を離しペッパー君のいるところへ旅立って行くことでしょう。
ペッパー君、その時は橋のたもとでハナを迎えてやってね。またいっぱいいっぱい走って遊んでね。
ペッパー君、お父さん、お母さん、ありがとうございました!!
Posted by 長谷川 雅恵 & ハナ at 2017年06月19日 22:30
りんごさん、おはようございます。
サクラのときもとても辛かったんだけど、今回もカナリこたえてます。お姉ちゃんもいまだ室内にペッちゃんの気配を感じたりしてます・・

ブログの件もアドバイスありがとうございます。あなたのコメントをいただくまで本当に削除するつもりでした。振り返るのがツライし、写真なら何万枚もあるし笑。

だけど、ペッパーと過ごした日々の記録をやはり保存したいと思うようになり、今は8年間の記事をDVD化するつもりです。

「黒胡椒」は、いずれネット空間でダレからもアクセスされなくなるのは、それも悲しいのでDVD化ができればやはり思い切って削除しようと思っています。

Posted by ペッパーパパ at 2017年06月20日 10:49
アンディパパさん、おはようございます。。
徐々に回復しつつあるとはいえ、皆んな落ち込みました。いわゆるペットロスというだけでは言葉では表現しきれませんネ・・
パソコンを点けることができるようになったのもやっとここ数日のことです。
ニコルくんはじめ皆さん、くれぐれもお身体を大切に長生きしてくださいね。
ありがとうございました。


Posted by ペッパーパパ at 2017年06月20日 11:05
長谷川 雅恵 & ハナさん、おはようございます。
驚きました、そして感激です!
今「黒胡椒」で確認しましたが、ハナちゃんと出会ったのは2012年9月3日のことでしたね。それからも見てくれていたなんて!

あらためてこの日の記事を読みましたが、両犬とも若く幼くカワイイ!
思い出しました、2頭の追いかけっこ、追いかけられっこ・・ペッパーがハナちゃんを威嚇?したり涼を求めて3頭でベンチ下に顔を突っ込んでいたことを・・

そしてあれから5年経って、ペッパーは逝ってしまいました・・ひと足もふた足も百足も千足も早く・・

こうして思い出し書いていても涙があふれますが、この度はあの素敵な日々を思い出す機会をつくってくださったことを本当に感謝しています。ハナちゃんもラブラドール系の疾患があるようだけど負けないで、1日でも永くご家族と楽しい日々を過ごしてくださいネ。

ありがとうございました。

Posted by ペッパーパパ at 2017年06月20日 11:46
コメントを頂けるとは思いもせず主人が大きな声で「ママこれ書いたん?返事があるよ!」というのでびっくりしましま。
眠っているようなペッパー君の写真を見た時も泣きましたがパパさんのコメントを読んでまた泣きました。
あれから5年も経っていたなんて!
それなのに私は今も鮮明にハナとペッパー君がぴったりとくっついてあのドッグランの緩やかな傾斜地を走り上がりスピードを落とさずに下ってくる姿を思い出すことができるのです。
それは美しい絵のような光景でした。
ハナがあのように並走したのは後にも先にもペッパー君だけです。
たった1時間程度を一緒に過ごし何年も経っているのにあのキラキラしていた幸せな時は色褪せず大切な思い出として私の心にしっかりとあるのですよ。
ペッパー君はよくあちこち旅に連れて行ってもらっていたのできっと私のようにペッパー君との楽しい思い出を心に持っている人がたくさんいると思います。
ブログがなくなってもペッパー君とペッパー君を大事に大事にされていたパパさんたちの事は忘れません。
改めて素敵な思い出をありがとうございました!
Posted by ハナママ at 2017年06月24日 14:19
ハナママさん、おはようございます。
本当にこんなにペッパーのことを覚えてくれていてとても嬉しいです。
5年前のあの日を思い出しましたし、ハナちゃんがあんなに遊んでくれたのはペッパーだけだったこと、なんかを教えていただいて、ペッパーのお人好しブリなんかもあらためて思い出しました。おっしゃってくださったようにこんなこともありました。
この1月の旅先でのこと。若いブラックラブくんが、ドッグランを先に出たペッパーに、帰るな、帰らないで、のようにドッグランの中で金網沿いに我々が見えなくなるまで追いかけてホエてくれました。その子はワンコどうしで遊べたのは初めてとのことでした。
このように、今回いただいたコメントで色んなことを思い出させていただきました。目頭が熱くなりますが、ペッパーへのイイ供養ができたと感じています。
なお来月は四十九日に、動物霊園へペッパーの白木の位牌を納めに行きます。それがペッパーとの最後の旅行です。
今回、ホントにコメントをありがとうございました。ハナちゃん&パパ&ママさんのご健康、ご長寿をお祈りします。
Posted by ペッパーパパ at 2017年06月25日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450943153

この記事へのトラックバック
コメントをくださる方は、お名前はペンネームでOK、メールアドレス・ホームページアドレスは、なくてもイイですヨ♪♪